勃起不全の症状、そして治療について

性交中のカップル一般的には加齢とともに勃起力は弱くなりますが、最近は若い男性にも増え続けています。 症状としては、完全に勃起できない状態のことだけではなく、勃起はしてもその勢いが弱かったり、性交の途中でしぼんでしまったりすることも勃起不全に含まれます。 勃起不全の治療は原因によって二つに分かれます。 一つ目は、そもそも、脳が性的興奮をしない場合です。 二つ目は、性的興奮はしても、ペニスが増大しない場合です。 一つ目の症状の場合は、うつ病等の精神疾患や脳に異常がない場合は、食生活の乱れや仕事の疲れやトラウマなどの心理的要因が原因になっている場合があります。
治療法としては、食生活を改善し、また同時に、男性ホルモンの分泌を促すように亜鉛などの不足を補います。それと同時に性に対してトラウマをはずすための心理的な治療を行ったり、パートナーがいる場合には、その協力の下で心理的な改善をしてゆきます。 二つめは、ベニスに流れるべき血流が弱くなっている場合がありますので、例えば、高血圧や糖尿病等の血流に関係する病気や喫煙などの習慣を調べたうえで、血流をよくするようにします。
局所に注射したり、手術をすることもありますが、たいていは勃起不全役薬を服用して改善していきます。 また、同時に、PC筋、BC筋と呼ばれる血液をペニスに送り込み、ペニスの海綿体に貯めておくための筋肉のトレーニングも同時並行して行い、勃起不全の症状を改善していきます。
また、医学的に設計された補助具はをつけて、改善していくこともよく有ります。