飲酒が過ぎたら勃起はできない

お酒は成人男性の娯楽の一つです。 カクテルに日本酒、芋焼酎にワイン等、 現在では国内の市場にも多彩なアルコール類が並びました。 お酒デートの最中、あるいはベッドインの直前にお酒を嗜む男女も多く、よど良い酔い心地が心身の緊張緩和に繋がります。 実際シャイな男性は、性行為をシラフで出来ない事もあり、 飲酒をしてからベッドインをする、という流れが日常化している方も珍しくありません。 飲酒は緊張緩和とムード作りに効果的ですが、 何事にも限度があり、過度なアルコール摂取は禁物です。 例えば過度な飲酒は、早漏と勃起不全のリスクに繋がります。 これから性行為を始めるぞ、と覚悟を決めても、 過剰にアルコール分を摂取してしまっていては、健全な勃起が出来ないのです。 性行為はスポーツではありませんが、 激しい全身運動ですので、飲酒の量は最小限に留めたいところです。 若い頃は飲酒後の性行為でもスムーズに勃起出来るケースが多いですが、年齢を重ねるとそれが出来ない心身に変化します。 またAGA治療薬を利用する際も飲酒は禁物です。 メーカーに関係なく治療薬の主成分はビールやワイン、芋焼酎の成分と相性が悪いため、 前後に摂取してしまうと、お薬の効用が正常に作用しなくなります。 効用が正しく現れないデメリットに加え、AGA治療薬の副作用がアルコール類によって増幅され、 勃起しない上に頭痛や胃痛、筋肉痛だけに悩まされる、といった酷い体調になりかねません。 一部にお酒に強いAGA治療薬も存在していますが、効果ダウンのリスクがありますので、 性行為をきっちり済ませたい夜は、お酒を断った方が良いでしょう。 近年ではほぼお酒の気分が味わえるノンアルコールビールがありますから、 そういったものを代用して、ベッドインの準備を整えるのがオススメです。